Skip to main content

脱毛のきっかけはささいなこと

脱毛は、ふとした瞬間意識するものです。

d2
例えば、頭を脱毛したい、という方(出家じゃないですよ)は、生まれつき自分の天然パーマが嫌いであったり、癖のなさすぎるストレートな髪がいやだ、と、理由は千差万別ですが、他人から見れば、あまり深い理由だなぁとは思わないことがほとんどです。

特にヒゲなどはそうではないでしょうか?

d1
髭をそるときに、例えば皮膚がカミソリ負けをしてしまった。例えば、剃っても剃っても1日に何回も剃らないと生えてくるくらい勢いがいい、など。確かに自分にとってみれば死活問題なものも、赤の他人から見れば「丁寧に剃ればいいじゃん」「何度も剃ればいいだけじゃん」と一蹴されがちなものです。

結構ひげ剃るの面倒なんですけどね。

特に、ひげをそった後に青髭が見えてしまうのが嫌だ、というのは、好きな女の子のいる男にとっては親の仇のように憎い存在です。これがあるだけで「気持ち悪がられるのではないか」というあらぬ被害妄想が生まれてしまいます。脱毛のきっかけにはこれだけで十分です。
d3
そこで脱毛という手段が煌々ときらめいていたわけです。燦然と光っていたのです。

ただ、一般的な永久脱毛というのは、高校生や思春期の学生たちにとっては少々手が出しづらい…お金がかかるのがネックですよね。その点大人の財力があれば、通って脱毛を何回もこなさないとなりませんが、代わりにツルツルのあごが手に入るというわけです。

では、永久脱毛ができない場合はどうする?

手っ取り早いのは毛抜きピンセットで抜くことでしょう。

毛根から取り去れば、しばらくはその部分は生えてきません。
d4
ただし、一部怖いこととしては、引き抜くときに皮膚を傷つけてしまい、そこから細菌に感染し、感染症を患ってしまうかもしれないリスクが存在するからです。

そんなに脱毛を急がないのであれば、じっくり親を説得するなり、バイト、仕事をするなりして、きちんとした美容整形の医者にかかり、永久脱毛をしたほうが最終的には勝ち組になれるのかもしれません。

周囲の男性にモテたいと思った時には早めに脱毛をしておくべき

昔から女性の美肌は七難を隠すと言われています。
目鼻立ちがキレイでも色が黒いとそれだけで上品さが失われてしまいます。
一方お肌がすべすべだと顔立ちが普通でも、男性から見て全体的なイメージが女性らしく映ります。
この差に気が付いた時に女性は脱毛をしようと思うのです。

・男女のグループで海やプールに出かけた時

大学生や社会人になると、男女混合のグループで海やプールに出かける機会が増えます。
普段は学校や職場で一定の距離を置いて接している間柄ですが、この時ばかりはお互い水着という露出度の多い恰好で、いつもより距離を詰めて話す様になります。
そして何人かの女性が集まると、自然に「美人ランキング」が出来上がります。
ただでさえ美人には視線が集中するのに、自分の肌にムダ毛が多いと積極的にアプローチするのも気が引けます。
d5
男性に近づいたとしても手や脚に視線がいけばムダ毛が多いのが分かってしまい、恥ずかしい思いをするのです。
さりげなく男性に接近してスベスベのお肌を見せられれば、女性らしさをアピールすることができるのです。

・美肌は口コミで広まる

お肌がキレイというのは誰か実際に確かめた人がいて、初めて噂になります。
噂の元が男性であっても女性であっても、「○美はお肌がすっごくキレイ」と言われればそれを聞いた男性は信用してより自分の中でその女性に対するイメージを膨らませるでしょう。
d6
モテる為には先手を取って行動をする必要があります。
職場で仲の良いグループがあるのならば、夏になる前に脱毛をしておいた方が他の女性を一歩リードできるのでしょう。
特にお目当ての男性がいる場合には、美人ランキングに入っている女性よりも美肌にしておいた方が安心です。

脱毛をしようと思うきっかけは様々ですが、男性にモテたい、より理想の彼氏を作りたいと思った時というのも立派な理由となります。

脱毛サロンは悪い口コミをみよ!!

これ独自に生み出した新しい視点なんですが、脱毛サロンの良い評価の記事なんてどこにでもありますし、ステマとかあるんで
脱毛サロンの不満やクレーム集めてるサイトから切り捨て方式でサロンを選ぶ方法をオススメします!

これ自分が嫌って思うことが書かれてるので凄い画期的なサロン選びテクです!