Skip to main content

結婚を機に脱毛サロンへ!

脱毛しようと思ったのは腋の匂いのせいです。30代男性です。思春期(中学に入った頃)から腋の匂いが激しくなり、夏になるといつも憂鬱でした。本当は大好きなサッカーをやりたくてサッカー部に入りたかったのですが、この匂いでは部室に入っても皆に迷惑をかけるだろうと、サッカーどころかほとんど汗をかく運動はしませんでした。だから、体育の授業は辛かったです。制汗剤をいつもカバンに潜ませてトイレでシュッシュッとしたものでした。
d30
その頃知ったのが、腋の毛があると余計に匂いがひどくなると言う事でした。それからは親に内緒でカミソリを買って来てこっそり腋の毛をそっていました。ただ、ヘタクソなので腋のいたる所に傷ができて、年中辛い思いをしていました。

ただ、匂いは若干ですが収まるようなので、それからも続けていました。
社会人になってからはカミソリ以外にも様々な脱毛の方法を試してみました。しかしカミソリに比べ時間もかかる事、経費も掛かる事からやはりカミソリが一番とこれまでカミソリでムダ毛の処理をしていました。さすがにこの頃になると以前より処理の仕方がうまくなってはいました。

思い切って専門の脱毛サロンに通う事を決心したのは結婚が決まったからです。さすがに奥さんの前でじょりじょりするのもみっともないですし、隠れてこそこそ腋の毛をそっているのを見られるのも情けない話です。
d31
年のせいか思春期に比べ腋の匂いは少なくなりましたが、やはり毛が生えていると、また腋が臭くなるのではと何となく不安になってしまいます。
今のうちに専門の脱毛サロンへ行っておき、一生、毛が生えない様にしておけば、これからの結婚生活に何の不安もないはずです。
d32
一応、何カ所かこっそりと下見には行ってきており、また、料金も調べました。あとは人目に触れず、脱毛サロンへ行く勇気のみです。
幸せな新婚生活を夢見ながら、今日も脱毛サロンのホームページをあれこれと眺めている所です。

ムダ毛処理が面倒になったのと、友人のおかげ

脱毛しようと思ったきっかけは、いじめられたとか悪口を言われたとかそういうことではなく、ムダ毛処理が面倒になってしまったからです。

今までは決して嫌いではありませんでしたし、処理のときにたくさんの毛が剃れることが小さな快感でもありました。
d27
ですが、それは見える場所だから可能なのであって、自分で見えない場所を処理するというのは本当に大変でした。

以前はそれも楽しかったのですが、これはなんとかしないといけないと思うようになってしまったのです。

そういうこともあり、脱毛を決意しました。
あと、実を言うとこれだけではありません。
これももちろん大きなきっかけなのですが、もう1つのほうがなければ踏み出せていなかったかもしれません。

それは、友人が脱毛に成功したことです。
友人は別に剛毛という訳では無いのですが、それでも効果が出たというのは一目瞭然でした。
d28
ムダ毛がないからか肌も少し明るく見えるようになりましたし、脱毛凄いなと本当に思いました。

それも大きなきっかけです。
これがなかったら、もしかしたら、脱毛やってみようかなと思うだけで終わっていたかもしれません。

それで終わらなかったのは、友人のおかげだと思っています。
まだ脱毛はちゃんと終わっていないのですが、かなり終わりには近づいていると思います。

チクチクしたような毛もなくなりましたし、毛が多いなと思っていたところも、かなり薄くなったように感じます。

脱毛を始めていなかったら、こういう感覚も味わえなかったと思います。
本当に、友人に感謝ですね。
d29
逆にあまり考えたくはありませんが、もし友人が脱毛に失敗していたら、私は頑なに脱毛をしなかったかもしれません。

それを考えると、友人が成功してくれて本当に良かったです。
おかげで安心して脱毛が出来ますし、このままだと良い結果になりそうです。

脱毛の始まりは、恋心

中学生の時でした。まだそれ程自分の体について気にすることがなかった頃です。

でも、中学校に上がると突然知らない男子がたくさん教室にいるんですよね。それまで幼馴染の様に過ごしてきた男子までも、ちょっと大人っぽい制服に身を包んで緊張しているし、なんとなくそこから異性を意識する感覚を覚えていきました。

そして、気になる男子も見つけてしまったのです。
d23

ある夏、私の後ろの席にいる友達と話しているとき、その友達の腕を見て、私の気になる男子が、「お前、毛、もじゃもじゃだな」と言ったのです。

その言葉は私に発せられたものではなかったものの、こんなところまで、男子は気づいているんだと驚きました。見ていない様に見せかけといて、実はあちこちチェックしているのかもしれないと思ったのです。
d24

そして、自分の腕を自分でチェックすると、うっすらですが産毛のようなものが生えているのが確認出来たので、これももじゃもじゃと言われるんだろうかととても気になってしまいました。

そして、そんな産毛で嫌われてしまうかもしれないとも思ってしまったのです。

思春期ですので、今ではどうでもいいことがすごく気になったりしてしまうんですよね。それから脱毛に目覚めました。なんとかこの毛を抜き去ってツルツルにしなければ好きな男の子に嫌われると本気で思っていたのです。
そして、自分で1本1本毛抜きで抜いていました。すごく痛かったし、場所によっては出血もしました。
d25
それでも好きな男子に嫌われるよりはいいと思っていたのです。

ある日、毛抜きで腕の毛を抜いている姿を母親に見つかり、それじゃだめだよ、と家庭用脱毛器を貸してもらいました。

この家庭用脱毛器もまた、抜くタイプの物だったのですが、毛抜きよりも痛みが少なく、全体的に万遍なく行えるのでとても便利でした。
d26
こうしてツルツルの腕になって、夏場、半袖で過ごすのも怖くなくなりました。ここから脱毛生活が始まったのです。

私が脱毛をしようと思ったきっかけ

今は女性が脱毛するのは当たり前になっています。また、今では女性だけでなく男性の脱毛もはやっています。それだけ脱毛に関心があるということです。そんな私も脱毛をした一人なのですが、何故脱毛をしようとおもったかをお話します。
d20
私が20代の頃は脱毛が世の中に浸透したばかりでした。しかし、当時は値段も高く私の回りでもまだ脱毛をしている人は少なかったです。ですので、私も興味があったのですが、手を出せずにいました。ですが、あるとき友達と海に行こうという話になりました。海に行くので当然、毛の処理をしなくてはいけません。ですが、前の日私はバイトで毛の処理をするのを忘れて寝てしまいました。気がついたのは次の日の朝だったので、時間がありませんでした。ここで毛の処理をしていたら友達との待ち合わせ時間に遅れてしまうので仕方なく、毛の処理をしないで海に行く事にしました。
d22
そして、海で着替えるときに自分の脇をみたらびっくりです。ものすごく毛が伸びていてとても見せられる状態ではありません。ですが、毛を処理する場所も物もなく、仕方ないのでそのまま遊ぶ事にしました。脇毛が生えているせいでせっかくのプールに集中できず最後には人よりも早く砂浜に上がって上からTシャツを羽織りました。せっかく新しく水着を買ったので、見せたかったのですが、脇毛を見られる方がいやだったので砂浜に上がりました。私は遊びに行ったメンバーの中に気になっている男性がいたので余計に脇毛が生えているのを見つかるのがいやでした。
d21

それ以来、海に行くときは何度も毛の処理を確認するようにしました。ですが、働くようになって毛の処理をするのがめんどうだったので脱毛を決心しました。その頃には友達もサロンに行って脱毛をしている人が増えたのでチャンスだと思い思い切って私も脱毛しました。結果、生えてこなくなるまで時間はかかりましたが、すごく楽です。毛の処理をしなくていいのがここまで楽だとは思わず感動しました。もっと早くやればよかったなというのが正直な感想です。迷っているなら是非、脱毛してください。

学生時代のプール授業がきっかけで……

はじめまして、体毛の濃さに悩んでいる男子です。

脱毛しようと決意したきっかけは、中学生の頃のプール授業で、胸毛の濃さをからかわれたからです。
d17
中学生と言えば人生で一番多感な時期ですよ。思春期真っ只中で、一番体の特徴に悩む時期だというのに、毛の濃さを笑われたらコンプレックスになります。

それが原因でちょっとしたイジメも経験したほどです。

その世代の子供は男子と言えど毛深い人などそう多くはないのですが、どういうわけか自分は、男性ホルモンのせいなのか、小学校の頃からもうすでに体毛が濃い体質だったんです。

中学に上がるとその傾向が益々強くなって、胸毛もはっきり見て分かるくらいのものがちらほらと生え始めました。ちなみに小学校6年生の時点ですでに髭を剃っていました。
d18
普段は制服を着ているので人目に触れることはない胸毛。しかしプール授業となると話は別です。

その日は本当に本当に嫌でたまりませんでした。いっその事胸毛を剃って行こうかとも考えたのですが、毛は剃ると逆に濃くなるというような噂も聞いたことがあったので、これ以上濃くなるのは避けたかったというのもありますし、そのまま放置して登校しました。

いざ、プールの時間になって更衣室で水着に着かえている時、ずっと不安だったことが遂に現実となって表れました。

クラスで一番目立つクラスメイトが、面白いもん見付けた、というような顔をして僕の傍に近付いてきて、意地悪にもその場にいるみんなに聞こえるくらいの声で「コイツ胸毛生えてるぞ」と叫んだのです。
d19
その時点でもう終わりです。あだ名はその日から「ギャランドゥ」になってしまいました。胸やお腹まわりが毛深い人に対して、そのようなあだ名を付けるのは、当時は定番でした。

でももっと嫌だったのは、プール授業を担当していた体育の先生がすごく毛深い人で、胸や腹は剛毛で覆われていたのですが、それと僕の胸毛が似ていることから「息子」とか「隠し子」なんて呼ばれたりもしました。

あれは嫌でしたね。学生時代でもっとも嫌だった経験と言っても過言じゃありません。

とにかくそういう苦い思い出があったために、脱毛を決意したのです。

デリケートゾーンの自己処理に限界を感じて

元々肌質が弱く荒れやすかったのですが、金銭的に脱毛するのは渋っていました。しかし、脇に関しては埋没毛になり始め、デリケートゾーンはカミソリ負けで赤いポツポツができ始めていました。これはこのまま自己処理を続けると良くないなと感じプロの手を借りる決断をしました。
d14
それに可愛い下着は大体面積が小さいものが多く、ほとんどのものが毛がはみ出してみっともなくなっていました。下着のサイズに合わせて剃ると、黒いポツポツが残ってしまうし、肌も荒れて結局納得できる綺麗な仕上がりになりませんでした。Oラインはどうがんばっても自己処理は無理だったので、可愛いTバックがあっても断念していました。見える範囲の箇所は、処理できるにはできますが、傷つけてしまうのではないか少し怖くもありました。
d15
脱毛に通っている人に実際話を聞くと、皆やったほうがいいと言うし、肌がキレイでした。自分も常に綺麗な状態でいたかったですし、毛を気にせずに下着を楽しみたいと思っていました。脇とデリケートゾーンの処理は最低限の身だしなみかなとも感じていました。いくら可愛くてもムダ毛があるだけで幻滅ですよね。脱毛は一生ものになるし、ここにお金をかけるべきだと決めました。
d16
脱毛をしたほうがいいと思いながらも、どうしても金銭的な理由と施術場所を調べるのが面倒で、自己処理を続ける期間がしばらく続いてしまいました。そんな時に、仕事が落ち着き金銭面で余裕ができました。幸運な事にちょうど会社の先輩も脱毛に非常に興味をもっていて、レーザー脱毛と光脱毛の違いや、メリット、デメリット、費用の違いなども調べてくれ、カウセリングも一緒に行ってくれました。脱毛が流行していた時期だったので、様々なキャンペーンを行っていてかなりの数のサロンとクリニックの説明に行き、お互い納得行く場所を見つける事ができました。

プールの授業ではじめて他人と比べてしまいました。

腕や足のムダ毛が多いとは感じていました。が、周りも同じようなものだよな、と、特に何かしようと思ったことはありませんでした。
d11
高校生になり、小・中学校の友人とは皆離れてしまいました。
そんな中、初のプールの授業で、新しい友人たちがとてもきれいに整えてきたことにびっくりしてしまいました。ムダ毛のないつるりとした肌が、ぴかぴかしてとても綺麗だったのを覚えています。
次のプールの授業にむけてムダ毛処理をしようとしたのですが、高校生がそんなことをする必要はない、と家族に言われ、結局手入れすることができませんでした。
一度、こっそりT字かみそりで沿ったことがあったのですが、次に生えてくる毛がびっしりちくちくと生えてきたのを見たとき、こんなはずじゃなかったのに、と恐怖を感じました。その後、もう半袖では学校へ行けませんでした。
d12
結局、高校生の間はムダ毛の処理すらできないまま終わってしまいました。
その後就職してからも、季節にかかわらず夏でもカーディガン等の長袖を着て過ごしていました。夏のおしゃれは全く楽しめません。けれど、剃ると強く生えてくる、それが恐怖になっていました。

社会人生活も落ち着きはじめたころ、よく利用する駅に脱毛サロンが出来ました。オープン記念で少し安くはじめられるとのこと。綺麗になりたいという気持ちはもう爆発寸前だったのですが、施術のために今の状態を見られるということがまず嫌でした。けれど、その駅を利用するたびにどうしても目が行ってしまい、オープン記念期間の最終日、とうとう入店しました。
d13
その後・・・満足できるレベルまで手足のムダ毛をなくすことが出来ました。ずっと悩んでいたことが、ほんの少しの踏切で、こんなにも楽になれるなんて思いもしませんでした。
悩んでいる方はサロンに相談に行くだけでも気持ちが楽になりますし、施術が成功すればなおさらです。
脱毛という選択肢をもっと身近なものとして考えて、早く始めればよかったなぁと思います。